タグ別アーカイブ: テープ審査の方法

テープ審査の方法


ども。

こちらは、テープ審査の応募方法やテープの撮り方など、
簡単に説明しているページです。

テープ審査に出す為に必要なものは、カセットテープ、
カラオケ、録音器具以上です。おわりw

冗談です。

まず、テープ審査の応募方法ですが、自分が出たい大会の
応募要領を詳しく調べる。ほとんどの大会は、
ワンコーラス(1番だけ)をテープ1本に1曲入れて、
テープ審査料と一緒に、現金書留にて応募します。
普通の封筒でお金を送るのは違法みたいですよ。
近いのでしたら直接持っていく事も出来ます。

テープの撮り方ですが、カラオケBOXで、
撮れる所もあります。お近くのカラオケBOX店に、
確認とって下さい。撮る時は、ノーエコーが原則です。
音楽と自分の声のバランスを考えて、少しずつ、
マイクや音楽の音量(録音レベルがあるところ)など、
撮ったら聞くの繰り返しで録音するのがいいと思います。
音楽よりも、声が数段大きいなどはよくないと思います。
逆もシカリデス。

プロ歌手のCDのバランスに近づくように、努力して下さい。
「私に出来るんですからあなたにも出来ます。」by手塚治虫さんw

とゆうことで、お店で撮ってもらうのが一番だと思います。ww
その時は、自分が歌いたい曲のオリジナルのカセットテープを
持っていくのがいいと思います。2次予選や決勝でも、
オリジナルのテープが必要ですので。

(2次予選や決勝でCD-Rに焼いて持って行って、
対応していなかったら最悪ですよ。たまにあります。
また、著作権のなんたらかんたらなどありますので、
オリジナルのCDならOKです。)

お店の場合、CDが使えないところもたくさんあります。
CDよりカセットテープがいいかと思います。
オリジナルのCDのカラオケを、
カセットテープにダビングでも大丈夫です。
※生のカセットテープは、100円ショップにあると思います。
 
◆解らない事や聞きたいことは、コメント欄にお願いします。
しってるかぎり対応します。ほとんど知らないですがw。